前準備 (旅行毎)

今回は旅行の都度行う前準備について。

航空券

Peachなど、
LCCのお安いチケットがあるので、就航空港を確認して使いやすいところを選ぶ。

PeachだとHND(東京羽田空港) – TPE(台北桃園機場)があるのでこちらを利用。
2016/04月時点の時刻表だと、
MM1029 HND 05:55発 TPE 08:25着
MM1028 TPE 20:45発 HND 01:00着

安いセール中だと片道4000円〜。
通常でも日程によっては往復で20000円くらい。
※ハッピーピーチでの値段。荷物預けたりシート選択すると高くなる。

宿

航空券と同じように安売り時期に抑えるのがベスト。
値段検索はトラベルコちゃんの海外ホテルから。

保険

入らなくてもいいけど、万が一用に。
携行品が盗まれた時、飛行機に乗れなくなった時
に使えるタイプが良いかと。

オンライン入国申請

ARRAIVAL CARD
行きの飛行機内で、入国申請用のカードが配られるので、機内で記入して渡す事も出来るが、
あらかじめこのオンラインカードを登録しておけば、機内で記入も不要。
入国審査官に、カードは? って聞かれるので、I have Online Arraival Card. とか言えば通じる。

SIMカード予約

中華電信だと、
事前にオンライン予約ができる模様。
第2身分証明書番号とかも必要になっててよくわからないので使わなかった。
現地の窓口でメニュー表の指差しでも時間かからない。
(並んでたら予約してても並ぶわけで…)

台湾高速鉄道

1往復で元が取れる外国人向け3日間フリーパスがあるのでおすすめ。

JTBサイトは、NT$2400 (レートは購入時)で買える。
後の2サイトはレート計算後の日本円で買える(らしい。)
今のレート調べて、どこが安くなるか調べてから買うと良い。
うちはJTBを利用したよ。

JTB オプショナルツアー

TAIPEI navi

旅々トラベル

何日前まで等、購入期限があるので注意。
購入にはパスポートの旅券番号が必要。
支払いまで終わると、交換コード記載されたPDFが送られてくるので、
現地高鉄の駅窓口で引き換え。窓口は、当日券とか買えるところ。(JRだと緑の窓口に相当かな)

IMGP4632_copy

こんな感じの小冊子になってる。

IMGP4634_copy

内側には、パスポート番号、氏名等が貼られる。
この小冊子とパスポートを駅の改札を通る時に、係員に都度見せる。
入るときはかなりじっくり見られるw

右上の隠し用に使ってるのが現地券売機で購入できる切符。
購入明細にもなっているようで、改札出るときも、切符が返ってくる。
日本みたいに窓口通って、「無効印でよろ!」とか言わなくていいので助かりますね。
あと、券売機で大きい金額の紙幣を使うのはやめたほうがいい。
お釣は貨幣しか返ってこないので、160元購入時に1000元札だと、840元が50元コインx16と10元コインx4になる。
50元コインも10元コインも、日本の500円玉サイズだからかさばるし重いよ!

IMGP4633_copy

窓口で指定席を取る事も可能。
出発、行き先、時間、人数 窓or書いたメモ出せば何とかなる…。若い人なら日本語でも何とかなったりする。